FC2ブログ

2010冬期(1-3月期)終了アニメ評価

01,銀魂,B
02,ドーラ,x
03,こばと。,x

04,君に届け,A
05,戦う司書,x
06,テガミバチ,x
07,ちゅーぶら!!,x
08,クロスゲーム,x
09,怪盗レーニャ,x
10,れでぃ×ばと!,x
11,マリー&ガリー,x
12,おおかみかくし,x

13,おまもりひまり,C
14,ジュエルペット,x
15,はなまる幼稚園,x
16,花咲ける青少年,x

17,ソ・ラ・ノ・ヲ・ト,D
18,エレメントハンター,x
19,COBRA THE ANIMATION,x
20,犬夜叉-完結編- (2期),x
21,バカとテストと召喚獣,x
22,フレッシュプリキュア!,x
23,チェブラーシカ あれれ?,x
24,天体戦士サンレッド (2期),x
25,キャラディのジョークな毎日,x
26,ヴァイス・サヴァイヴR (2期),x
27,メタルファイト ベイブレード,x
28,ひだまりスケッチ×☆☆☆ (3期),x
29,ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド,x

30,とある科学の超電磁砲 (レールガン),C
31,のだめカンタービレ フィナーレ (3期),x
32,キディ・ガーランド (キディ・グレイド 2期),x
33,しゅごキャラ!!! どっきどき,x
34,しゅごキャラ!ぷっちぷち,x


************************統一評価基準************************

S 次世代に語り継ぐべき傑作アニメ。

A DVD&BDを購入に値する秀作。
B 自信を持って他人に薦められる良作。
C 毎週視聴しても損しない佳作。
D 気がむいたときに見ればいい程度の凡作。
E 視聴するに値しない駄作。
F あえて視聴を拒否してしまうほど不快な作品。産廃。

x:視聴なし、(または全話視聴していないため評価保留)
z:視聴不可(わかる範囲で良いです)

後は適当に+やーを付けましょう





x

青い文学

走れメロス以外は流し見視聴。メロスは作画も良く、物語としてもしっかり纏めた点が良かった。


うみねこのなく頃に/アスラクライン 2 (2期)/WHITE ALBUM (ホワイトアルバム 2期)

1クール目はなんとか全話視聴できたが、もう1クールはさすがに無理だった。





該当なし




E

11eyes

ある意味笑わせてもらったが、作品として評価するなら最低評価もやむなし。


けんぷファー

1話から敷いた伏線をぬいぐるみの説明で解決し、楓軍団は逃走。何も解決せず番外編でお茶をにごして終了。


Darker than BLACK 流星の双子 (ジェミニ、2期)

1期同様、突貫工事なシナリオにどうしようもない最終回。1話の疾走感に騙された人が多そう。



D

にゃんこい!

1~5話まではA評価だったが、中盤からの失速が激しかった。作風を壊してまでオリジナルを入れなければならない理由があったのか。


真・恋姫無双 (2作目、1期)

本当にエロしかない回が多かった、特に劉備回。いくつか光る回もあり、黄巾の乱のパロディもなかなか面白かったのでD。


聖剣の刀鍛冶 (ブラックスミス)

作画は安定しており、ストーリーもさほど分かりづらいものでもなかったが、正直つまらなかった。


ミラクル トレイン 大江戸線へようこそ

若い女性を電車内に軟禁して、強制的にもてなす駅擬人化ホストもの。準オリジナルアニメであり、各話しっかり作られていたが、テンプレ展開と同じことの繰り返し。


クイーンズブレイド 玉座を継ぐ者 (2期)

1期よりは面白かったが、最終的な結末があまりにもありきたりすぎた事がマイナス。


おんたま! (ネット配信)

5話という短い尺の中で上手く完結できていた。オチが弱かった事以外は良かった。


ひだまりスケッチ×365 特別編

ほとんど印象に残っておらず、あやうく評価を書き忘れるところだった。1・2期と同じ雰囲気は維持しているが、逆にそれが新鮮味のないつまらないものにしてしまっている。良い意味でも悪い意味でも空気。



C

まほろまてぃっく ただいま おかえり (特番)

文化祭に参加するという話を2話でしっかりまとめた上で、作画力を活かせる戦闘シーンも違和感なく取り入れ、日常と非日常の描き分けが良く出来ていた。


空中ブランコ

最初見たときは何だこの糞アニメはと思ったが、回を増すごとにオムニバス形式の良さが現れてきた。しかし、やはり絵が圧倒的にマイナス。斬新さを狙った演出とはいえ、完全に足を引っ張っていた。


夏のあらし! 春夏冬中 (あきないちゅう、2期)

5~8話のオリジナル回が微妙すぎたが。1~4話と9話以降で巻き返せた。特に9・10話は夏のあらしの良いところがしっかり出ていた良回。



B

獣の奏者エリン

序盤こそ退屈な回が多かったが、リランを育てる辺りから面白くなっていき、王国建国の秘密が明かされた辺りから最終回までの盛り上がりは凄かった。序盤の退屈な回も全てその後の伏線になっており、ほとんど無駄回がなかったことも高評価。


そらのおとしもの

よく練られたコメディの中に適度にシリアスネタも含み、1話から最終話まで楽しめた。良い1クールアニメだった。



A

ファイト一発! 充電ちゃん!!

充電ちゃんという平行世界の住人が、元気がなくなった人に見えないところで充電しているというコンセプト。落ちこぼれのぷらぐだが、パラレルの住人の立場に立ってものを考えられる感性を持っており、充電ちゃんが見える閃登との出会いで成長していく。キャラの扱い方や、伏線回収の丁寧さなど、すべてにおいて優秀だった。


NEEDLESS

2009年アニメでトップクラスの面白さ。1話から最終話まで一度も失速することなく楽しめた。はじめは敵の能力が分からず、それを解明するところから戦いが始まるというシステムはなかなか面白く、能力バトル物の中でもかなり優秀。萌えキャラが山程出ているのに、影に埋もれることのない個性的な男性陣も魅力的だった。



S

該当作品なし



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://topimasudono.blog38.fc2.com/tb.php/27-32a559b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)