FC2ブログ

2009夏期(7-9月期)終了アニメ評価

01,青い花,C
02,化物語,E
03,かなめも,E
04,蒼天航路,x
05,咲 -Saki-,A
06,あたしンち,x
07,大正野球娘,C
08,ウチュレイ!,x
09,宙のまにまに,C
10,バスカッシュ!,E
11,シャングリ・ラ,E
12,グイン・サーガ,x
13,CANAAN (カナン),E
14,プリンセスラバー!,E
15,狼と香辛料II (2期),E
16,よくわかる現代魔法,E
17,ヴァイス・サヴァイヴ,x
18,戦場のヴァルキュリア,D
19,東京マグニチュード8.0,D
20,ハヤテのごとく!! (2期),x
21,リロ アンド スティッチ,x
22,ねぎぼうずのあさたろう,x
23,ライブオン CARDLIVER 翔,x
24,忘念のザムド (TV初放送),x
25,ヤッターマン (新シリーズ),x
26,07-GHOST (セブンゴースト),x

27,ティアーズ・トゥ・ティアラ,E
28,ファイト一発! 充電ちゃん!!,A
29,懺・さよなら絶望先生 (3期),x
30,うっかりペネロペ 第2シリーズ,x

31,しゅごキャラ!! どきっ (2年目),D
32,GA 芸術科アートデザインクラス,B
33,PandoraHearts (パンドラハーツ),E
34,シュガーバニーズ フルール (3期),x
35,バトルスピリッツ 少年突破バシン,x
36,スターウォーズ / クローンウォーズ,x
37,アラド戦記 スラップアップパーティー,x
38,真マジンガー 衝撃! Z編 on television,x

39,うみものがたり あなたがいてくれたコト,E
40,チーズスイートホームあたらしいおうち (2期),x
41,Phantom (ファントム) Requiem for the Phantom,E
42,涼宮ハルヒの憂鬱 (再構成版、全28話),D
43,涼宮ハルヒの憂鬱 (新作話のみ),F
44,イヴの時間 (NET配信),x


************************統一評価基準************************

S 次世代に語り継ぐべき傑作アニメ。

A DVD&BDを購入に値する秀作。
B 自信を持って他人に薦められる良作。
C 毎週視聴しても損しない佳作。
D 気がむいたときに見ればいい程度の凡作。
E 視聴するに値しない駄作。
F あえて視聴を拒否してしまうほど不快な作品。産廃。

Z ネタ。ある意味ネ申。

x:視聴なし、(または全話視聴していないため評価保留)
z:視聴不可(わかる範囲で良いです)

後は適当に+やーを付けましょう





x

蒼天航路

序盤は勢いがあり、作画も安定している事から最後まで視聴できそうだと感じたが、5話ほど見た辺りから、気付いたら視聴を打ち切っていた作品。


グイン・サーガ

蒼天と同じくいつの間にか見なくなっていた作品。


ハヤテのごとく!! (2期)
懺・さよなら絶望先生 (3期)

どちらも2期・3期ものな上、原作を既読済みのため視聴打ち切り





涼宮ハルヒの憂鬱 (新作話のみ)

もはや語る必要なしの7週連続脚本使い回し。断トツの夏期ワーストアニメだった。あれほど破天荒をやったバスカッシュすら寄せ付けぬワーストっぷりは、思わずZ評価を付けそうになるほど。



E

化物語

脚本=原作という製作スタッフ泣かせの縛りプレイに、シャフト得意の紙芝居作画で目も当てられない出来に。新房監督ということで期待はしていたが、もはや新房には期待するなということを思い知らされた作品。それでも夏のあらし2期には期待してるよ。


かなめも

きらら4コマアニメということで当初からの期待通りハズレだった。ロリや百合を多様しているが、意味を取り違えているため全くの別のものになってしまっている。


バスカッシュ!

監督降板に意味不明な超展開と、本来ならワーストに収まっていても不思議ではない作品だった。無駄に勢いがあるシーンは熱いが、シーンの一つ一つがバラバラで意味不明。最終的に妹の足そっちのけで世界を救って終わり。


シャングリ・ラ

序盤から低速スタートのまま淡々とストーリーが進み、盛り上がることなく終わってしまった。


ティアーズ・トゥ・ティアラ

序盤から低速スタートのまま淡々とストーリーが進み、盛り上がることなく終わってしまった。


CANAAN (カナン)

序盤から低速スタートのまま淡々とストーリーが進み、盛り上がることなく終わってしまった。


PandoraHearts (パンドラハーツ)

序盤から低速スタートのまま淡々とストーリーが進み、盛り上がることなく終わってしまった。


プリンセスラバー!

もう少し話に一貫性を持たせれば良かったかもしれない。1話目で復讐劇かと思いきや、社交界の話になり、見せ場の哲平のパーティーが視聴者サービスの温泉回に化け、肝心の復讐の相手が何の意外性も無い悪役。


狼と香辛料II (2期)

ロレンスとホロの恋愛をハラハラドキドキしながら見守るアニメ。最後はくっつくと分かりきっているので、要は2人がいちゃついているのを眺めるだけのアニメ。


うみものがたり あなたがいてくれたコト

佐藤順一監督作の中ではワーストと呼べるほど悲惨な出来。夏音の成長物語と素直に受け止めれば、そこそこまとまった内容に見えるが、結局海人達は散々地上を荒らして、勝手に解決して去って行っただけだったような。


Phantom (ファントム) Requiem for the Phantom

4話目がピーク、他は惰性でみる程度の内容。



D

戦場のヴァルキュリア

序盤こそ酷かったが、三角関係というテーマを止めて、ヴァルキュリア人として覚醒した辺りからはそこそこ見れたと思う。ただ、マクシミリアンがただの絶対悪だったりと、受け付けない部分も多い。


東京マグニチュード8.0

先にも後にも悠貴の仕掛けだけしか見所が無いので、大震災における統合失調症のシミュレーションアニメとしか言いようが無い。


しゅごキャラ!! どきっ (2年目)

1期に比べ、2期は原作不足が激しく、戦隊モノのように敵が出ては浄化を繰り返していただけだった。最終回周辺で物語が展開を見せたので評価はD。



C

青い花

雰囲気と作画は今期一だったが、内容はレズものという少し難しいものだった。登場人物たちの心理描写を上手く表現できていたように思う。しかし、丁寧であったもののイマイチ物足りなさが大きい。初回の伏線に繋げた最終回は良く出来ていた。


大正野球娘。

アニメ作品でこれ程脚本家の影響を受けた作品も珍しい。特に池端監督脚本回の酷さが作品全体の評価を下げてしまっているのが残念。全体的に良くまとまった作品で、結局朝香中に勝つ事はできなかったものの、努力の成果をぶつける事ができハッピーエンドに終わった。正直主人公はお雪でよかったな。


宙のまにまに

「安定」した作品だった。天文部という本来スポットが当たりにくい(?)部活をテーマに置き、星を見ることの楽しさを伝えた作品。テンポのよいギャグなどどちらかと言えば面白い作品だったが、見終わっても何も感じない作品だった。



B

GA 芸術科アートデザインクラス

きらら4コマアニメなのに面白い。きらら4コマアニメなのに4コマアニメをやっている。そんな稀有な作品。少しきらら4コマに偏見を持ちすぎていたかもしれないが、他作品を見るとやはり4コマをやっていないので、この作品が特別なのだろう。芸術ネタという縛りがあるが、美術部組の登場により作品の幅が広がっている。キャラクターの使い方も丁寧で、あずまんがのような正当派4コマアニメとしてしっかり機能していた。



A

咲 -Saki-

麻雀アニメなのに萌えアニメという異色な作品。全25話だが、正直原作準拠の19話までで良かった。田中一人原画の20話までは許容範囲として、個人戦は正直蛇足感が強い。ニードレス同様の全20話構成がベストだったなあ。1話目から一度も失速することなく19話まで突き進んだ文句なしの良作。


ファイト一発! 充電ちゃん!!

この作品が今期一になるとは正直予想できなかった。充電ちゃんという平行世界の住人が、元気がなくなった人に見えないところで充電しているというコンセプト。落ちこぼれのぷらぐだが、パラレルの住人の立場に立ってものを考えられる感性を持っており、充電ちゃんが見える閃登との出会いで成長していく。キャラの扱い方や、伏線回収の丁寧さなど、すべてにおいて優秀だった。



S

該当作品なし



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://topimasudono.blog38.fc2.com/tb.php/19-f19c5bd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)